お子様・お孫様の人生の節目に お子様の入学式・卒業式に 男性から女性へ特別な日に 真珠婚のお祝いに 子から親へ特別な日に 活き活き輝く女性のために
バロック真珠について 1歳のお誕生日に一粒パール 若狭パールMAMIYA Instagram 若狭パールMAMIYA Facebook 間宮真珠ツイッター 間宮真珠養殖場Webサイト

お問合わせ

  • TEL:0770-77-0432
    (年中無休 10:00-17:00)
  • FAX:0770-77-1586
    (24時間受付中)
    ※FAX注文用紙はこちら
  • 担当:森下
[OWNER]
店長 森下優子

店長の森下優子です。

私共の真珠をとおして癒されたり華やいだりと日々の潤や、愛、絆、思いを伝えるお手伝いが出来ればという思いで制作しております。

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

トップ > ペンダント > akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏

akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏
akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏
akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏 akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏
拡大画像

akoya真珠こぼれんばかりのペンダント9弌擇△海篆深遏

商品コード : 3041-K14gf P-2496
価格 : 13,500円(税円)
※納期 約2〜3日後の発送になります。
数量
 

国産あこや本真珠 

    

領収書発行できます

ギフトラッピング対応しております

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

商品合計金額(税抜)12,000円以上送料無料!!

【店長からのひとこと】

あこや真珠9仄遒離轡鵐廛襪淵撻鵐瀬鵐

お色はうっすらとピンク系真珠の色艶からなる
気品や上品を醸し出しつつ真ん丸でないbaroque(バロック)パールの
程よい抜け感が楽しめるペンダントです。

ポロリとした真珠一粒のシンプルさが
身に着けた時の存在感を引き立てます。

こちらのシリーズはバロックの中でも物凄いバロックでは無く
セミバロック(やや変形)の真珠を選んでおります。

※バロックパール(真円でない真珠、変形の意味)

ペンダントトップは取り外し可能です
お手持ちの鎖に着け替える事が出来るタイプです。

真珠は一つ一つ個性がありますので
それぞれに一点物になります。

真珠は場所を選ばないため、デイリーからお出掛けまで
幅広いシーンに活躍します。
洋服を選ばず合わせやすい一品です。

真珠には、魔よけとしてのパワーがあり 
愛する方を幸せに・・・という思いが込められています。
プレゼントとしてもおすすめの一品です。

日本最北端の海で育てた真珠。
採り出す時の寒さが最後のしあげ化粧巻がほどこされ
輝きがぐっと増した真珠になります

真珠の輝きは生命の輝き
生命(いのち)ある真珠の輝きを
身にまとうことで
一段と輝くあなたに 
″幸せの輝き″

真珠は命ある母貝から生まれる稀有な宝石。
大切に育てられる姿に娘や大切な方への贈り物に選ぶ人が多い。

若狭の海で育った日本最北限の真珠は輝きが強く
自然の神秘と生命力をたたえた力強い美しさを放つ。
作り手が一粒一粒にこだわり制作したペンダントです。

◆K14gfとは
総重量の1/20を14金が占める、金張り加工の素材です。
金メッキの100倍もの厚さの14金を真鍮に高熱で圧着したもので、
長時間使用しても変色したり剥がれたりする心配がほとんどありません。

ゴールドの上品な輝きや質感を手軽に
楽しめる素材として、欧米ではクォリティの高いジュエリーで
人気の高い素材です。

また、K14gfは金属キアレルギーを起こしにくい素材とされています。
金属アレルギーをお持ちの多くの方々にも安心してご着用頂けます。
(ただし、個人差がありますので全ての方がアレルギーを起こさないとは限りません。)

【こんな方におすすめ】

大切な方や娘への誕生日プレゼントや結婚記念に、お母様へのプレゼントにもお勧めです。年代層幅広く似合うペンダント。又、ピンク系の真珠は海外の方のプレゼントにもお勧めです。日本の真珠は、日本人以上に憧れの存在になっております。

材質  K14gf  ※K14gfの鎖の仕様は若干変わる事がありますご了承下さい。
真珠サイズ 9mm
色目 ピンク系
セミバロック(やや変形) 
全長 鎖40cm  ペンダント 縦1.4cm前後×横0.9cmUP 
照り 非常に良い
巻き 厚い
キズ ※真珠は自然に作られるものですので
どこかに瑕や真珠特有の表面に凸凹があるものもございます。

※キズ(エクボ)とは貝の中で自然に出来た突起物や窪みなどです。
 その程度は大・中・小・無キズ(ほとんど、キズが無い)に分けられます。
 但し、自然のものですから完璧な無キズは無いものです。

■TOPに戻る

お客様への誓い

真珠のネックレスは、女性ならば一つは
本物を持っておきたいお品です。
その方にとっての一生の一つを選ぶことによって、
贈った方、貰った方がお互いの絆が深くなると思います。
しかし、真珠のネックレスを選ぶのは、
とても大きな買い物で勇気がいることでしょう。

間宮真珠は、価値のある宝石としての
真珠を手にしたいと願う方に
決してお金で買えない自信や絆を提供いたします。

■身につけた時に恥ずかしくなく、
 胸を張って堂々とした自分という自信を確立するために。

■プレゼントの場合、自分の存在の証として耐えられる、
 価値のある真珠。そして、貰った方にとって
 将来に渡りいただいて良かったと思える真珠

日本海最北の海で育てた宝をお届けします。
>日本海最北の海で育てた若狭パール

お客様の不安を解消いたします

真珠の見方がわかりません

●真珠の価値は、巻き・光沢(照り)・キズ・形・色・大きさの6要素で決まります。

>真珠の価値の見方

>賢いネックレスの選び方

真珠のお手入れや扱いって難しいのでは…?

●安心して下さい。柔らかい布や真珠専用のクリーニングクロス・
 又はクリーニング照りクロス等で拭くだけです。保管は全商品ケース付きです。
 保管専用のパールキーパーもご用意しております。

※ネックレスをお買い上げの方にはクリーニングクロス又は、
  クリーニング照りクロスをお付けいたします。

>真珠のお手入れについて

購入後のアフターケアは大丈夫でしょうか?

●当社の製品は無期限でアフターケアいたします。糸のゆるみ等々…

>アフターケアについて

プレゼントした相手への保証はどうなっていますか?

●私どもは、贈り手の気持ちが届くように、あこや真珠保証書とアフター(フォロー)保証カードを
 商品と一緒にお届けしておりますので、ご安心してお求めいただけます。

>商品の保証について

ネット通販にてお届けする真珠について

■「お客様に喜ばれる法則」にもとづいて厳選しております。>>お客様に喜ばれる法則

■プロのノウハウでお客様の真珠選びをバックアップします。>>安心してご購入いただくために

真珠を贈る意味

ご自分へのご褒美、あるいは人生の節目にご自身の思いを伝えるために、真珠は本当にふさわしい記念の品となるものです。時を重ねるごとに味わい深さを重ねるもの、それが真珠だからです。皆さまの素敵なストーリーのお手伝いができるなら、私たちは本当にうれしく思います。

もっと見る

真珠を贈る意味

間宮真珠のこだわり

若狭の地で真珠の製造をはじめて50年。養殖から加工、製作・販売と一貫して手掛ける姿勢は、今も何ら変わることはありません。一粒一粒を心を込めて作っています。私たちの魂は、真珠を手に取られた時、必ず感じていただけると思います。

もっと見る

間宮真珠のこだわり
間宮真珠をもっと詳しく。
  • 真珠を作る達人たち
  • 真珠ができるまで
  • 日本海最北の宝
  • お客様の声

■TOPに戻る

ページトップへ